niship life

アラフォー男の趣味(映画・読書・模型・マンガ・株式投資・Mac・デザイン・筋トレ)や、気になる事いろいろ。

マンガ感想 感想(映画・読書・マンガ)

【マンガ感想】もっと評価されてもいいと思うマンガ。「コータローまかりとおる!」

投稿日:2014年6月18日 更新日:

新・コータローまかりとおる!柔道編0

とくに個人的に好きなのが、「新・コータローまかりとおる!柔道編」。作者は蛭田達也。この人は、たぶん天才だと思う。

もの凄くマンガに詳しいかというと、そうでもないですが、普通にマンガを読んできたと思います。そんな中で、え〜これってこんなに面白いのに、そんなに世間一般では知られてないんじゃない?って言うのがコレです。

「コータローまかりとおる!」

週間少年マガジンで1982年から1994年まで掲載されてました。

コータローまかりとおる!

東京ドームの数百倍の敷地、生徒数2万人を誇るマンモス高校私立鶴ヶ峰学園を主な舞台とし、7部からなる本編および、過去を扱った番外編からなっている。学園を舞台としながらも、授業風景が出たことは一度もない。連載当初は学園物の1つにすぎなかったが、作者の加齢に歩調を合わせるように内容が充実。格闘・ギャグ・ラブコメ・友情さらにはバンドなどと、非常に多種な要素を内包し、特定のジャンルへの分類が難しい作品である。

via:Wikipedia

実は、この「コータローまかりとおる!」は、正直言ってあまり読んでませんでした(^_^;)

学園物で、主人公が空手家で、なんかいろんな敵とめっちゃ戦ってるっていうイメージしかなかった…。

「新・コータローまかりとおる!柔道編」を読み始めてから、その旧作である「コータローまかりとおる!」をかいつまんで読み始めましたが、いかにも80年代テイストなタッチで、それが懐かしくすんなりと物語の世界に入っていけましたね〜。最近の若い人にはちょっとつらいタッチかも知れませんが…。なんせ、59巻まであるんで、全部読むのはかなり時間が必要です…。

「新・コータローまかりとおる!柔道編」

週間少年マガジンで1994年から2000年まで掲載されてました。

新・コータローまかりとおる!柔道編2

前作同様に主人公は功太郎だが、気が弱いため実力を発揮できずにいる西郷三四郎の成長物語としての側面も強く、彼がもう一人の主人公と言える。柔道編と銘打っており、物語の中心および核心はもちろん柔道ではあるが、柔道のルール内での様々な格闘技による異種格闘技戦が多い。当時の『マガジン』連載作品をはじめ、様々な作品をパロディ化してギャグとしている。

via:Wikipedia

「コータローまかりとおる!」の後半(とくに最終回間近)をリアルタイムに読んでいました。その辺りですかね、じわじわとハマってきたのは。

主人公の新堂功太郎は極端流空手部主将の4年生。もはや前作での強さが学園中に広まってはいるが、ほとんど伝説化しているため、新入生には、よくわからないただのエロい人としてしか見られてない。よって、極端流空手部は主将以外部員なし。あ、渡瀬麻由美(←このマンガのヒロイン)は、部員だった…。

そこに、新入生で、柔道の申し子の様な女の子・三船久三や、柔道万年補欠の、小学生にカツアゲされるほどに気の弱い西郷三四郎、などの新キャラクターとともに、極端流柔道部を創設、極端流空手道部道場跡地に建てる新設道場を景品とした、柔道の学内予選を戦う事に…。

その他、本家本元の第一男子柔道部主将・伊賀稔彦、第一女子柔道部主将・美杉留美子、第一男子柔道部の1年生のワル・醍醐大悟などのキャラクターが、また味のある絡みを魅せてくれるんですよ〜!

とにかく、テンポのいいギャグが凄い!ちょいエロが多い!!これほんとに柔道のルールあってる?古畑任三郎のパロディがくどい!!!ここぞというところでは、かなり感動する!!!!などなど、数え上げるとキリがないのです!!

このマンガの特徴は、中学生の妄想エロ。

新・コータローまかりとおる!柔道編3

上がヒロイン渡瀬麻由美。下が三船久三。

新・コータローまかりとおる!柔道編4

全編通したコータローのチャラさが、最後の試合につながっている伏線としてみると、本当にあの最後の一瞬は、感動の嵐なんです!!!!!この作者はほんとにセンスのある人で、天才なんだなーと思いますよ。

うぉぉぉ〜、僕のボキャブラリーでは上手く伝わらない!全く伝わってないっっっ!と思うので、一旦読んでみてください(^_^;)

「コータローまかりとおる!L」

週間少年マガジンで2000年から2002年まで、マガジンSPECIALで2003年から掲載され2004年に作者の健康の問題から休載になりました。

コータローまかりとおる!L

『コータロー』シリーズ最終章と銘打って連載を開始しており、D地区へ向かう等と特に第1作との関わりが深く、第1作を読まずに『L』を読んでも理解できないことも多い。そのため単行本では欄外において『L』に関わる第1作のあらましが書かれている。一方『新』とは時間的には直接繋がっているものの、『新』自体が独立性の強い作品だったため、話の上での接点は今のところほとんどない。存在が示唆されるだけで直接の登場がなかった功太郎の母親・功流美の登場により、煙玉・苦無等によって第1作の連載当初張られていた「忍者」という伏線が実に18年ぶりに明らかにされた。

via:Wikipedia

こちらは、完結編となるはずだった最終章。いまだ完結せず…。

作者の体の具合はどうなのだろうか?心配です。

-マンガ感想, 感想(映画・読書・マンガ)
-

執筆者:

関連記事

押井監督は、1年かけて実験をしたわけやね。TVのスペシャル特番的な長編劇場版『THE NEXT GENERATION パトレイバー/首都決戦』を観た感想。

長編劇場版『THE NEXT GENERATION パトレイバー/首都決戦』を観てきました。 いつも、お世話になっている大阪ステーションシティシネマ。 今回は、平日だけど公開初日だったわけで、結構、人 …

no image

スーパーマンもALSアイス・バケツ・チャレンジ。

地球人より多めにかぶってます。 画面左はスーパーマンこと、ヘンリー・カヴェル、画面右はヒロイン、ロイス・レインこと、エイミー・アダムス。 「バットマン V スーパーマン : ドーン・オブ・ジャスティス …

この新連載は期待大!!!阿部 潤『忘却のサチコ』 ビックコミックスピリッツ NO.37・38

毎週読んでる漫画雑誌はというと、「週刊少年ジャンプ」「週刊ヤングジャンプ」「週刊ヤングマガジン」「ビックコミックスピリッツ」である。 とは言っても、各雑誌で読んでる漫画自体は2〜3本だったりする。コス …

満を持して主役メインのストーリー展開!!『THE NEXT GENERATION パトレイバー/第6章』

  今回もまた、『THE NEXT GENERATION パトレイバー/第6章』を劇場で観てきました〜。 エピソード10『暴走!赤いレイバー』、エピソード11『THE LONG GOODBY …

ラスト一文の衝撃が半端ない。『アメリカン・スナイパー』の感想。

2015年2月21日公開の『アメリカン・スナイパー』。 その感想です。




アラフォーで独身。大阪市内在住。 フリーのグラフィックデザイナー。 このブログでは、気になる事や趣味などを紹介しつつ、今後の生き方を模索していこうかと…。 詳しいプロフィールは→こちら
2014年6月
« 5月   7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30